ふるさと納税をもっと身近に!ふるなびブログはじめました

ふるなびブログを始めました!

はじめまして、ふるさと納税応援サイトふるなびから、本日『ふるなびブログ』を公開致しました。

そもそもふるさと納税とは?

ふるさと納税の制度は、2008年4月30日に公布された「地方税法等の一部を改正する法律」より始まりました。理念などは総務省の説明を見るとわかりやすいと思います。

そもそも何のために作られた制度なの?

多くの人が地方のふるさとで生まれ、その自治体から医療や教育等様々な住民サービスを受けて育ち、やがて進学や就職を機に生活の場を都会に移し、そこで納税を行っています。
その結果、都会の自治体は税収を得ますが、自分が生まれ育った故郷の自治体には税収が入りません。

そこで、「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」、そんな問題提起から始まり、数多くの議論や検討を経て生まれたのがふるさと納税制度です。

ふるさと納税って何?

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

全額控除される寄附金額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限がありますので、ご確認ください。

引用元:総務省「よくわかる!ふるさと納税」

ふるさと納税とは、原則”寄附”という扱いとなっており、自分がお世話になった自治体、思い入れがある自治体に、”原則として自己負担2,000円を除いた全額”を寄附できます。

また寄附金の使途を選択することができます。例えば、高齢者や子育て支援の充実化といった福祉活動、史跡の保全や伝統芸能・文化の保護活動、災害があった際の支援活動として使ってほしいといった寄附者の希望を反映させることができます。
せっかくの寄附ですので、自分の寄附が自分の意に沿った形で使われるというのは嬉しい配慮です。

ふるさと納税をもっと身近なものに!

ふるさと納税をもっと身近に

近年急速に認知されるようになったふるさと納税ですが、「寄附の流れが分かりにくい」「確定申告ってなんだか難しそう」といった基本的な知識や、「みなさんが寄附したふるさと納税が、自治体にどのような貢献を残したか」「ふるさと納税のよりよい活用方法」「制度に関する細かいケーススタディ」といったより細分化された情報などをお届けしてまいります。

ふるさと納税をもっと身近に”をテーマに、また地方自治体の活性化に貢献できるよう努力致しますので、応援頂ければ幸いです。