え、ふるさと納税でお中元?贈り物にピッタリな返礼品

カテゴリー:
お中元イメージ

みなさんこんにちは!グルメ営業担当のかりんとうです。
梅雨も終わりに近づいていますが、今年はあまり雨が少ない気がしますね。

そして、7月になり、暑さが増していくに連れて夏が近づいている実感がわいてきます。
また、夏が近づいているということは、お中元の時期も近づいておりますね!

「お中元戦争」なんて言葉をニュースや新聞で見たもしくは聞いたことありませんか?
それくらい、この時期に百貨店に行くとお中元用の贈答品がズラリと並べられていますよね。

ですが、「お中元っていつだっけ、、?」なんて何となくの時期は分かっているけど、正確に送る時期を知らない方もいらっしゃると思います。
※僕自身、お中元の時期はいつか良くわかっていませんでした。笑

ということで、自分自身「お中元」についてしっかり知るためにも!という意味も含めて
今回は「お中元」について紹介していきます。

そもそもなんで「お中元」を贈るの?

メロン
「お中元」とは、一年の真ん中の時期に日頃の感謝の気持ちを込めて贈る贈り物です。

「お歳暮」と混同してしまうこともあるかと思いますが、「お歳暮」は1年の感謝の気持ちを1年の最後に贈るというものです。

「お中元」を贈るという文化は元々中国から伝わったもののようで、親族同士で日ごろの感謝を込めて贈り物を贈っていた文化が現在の「お中元」になったようです。

先祖の供養の意味も含まれていた文化のようでした。

ちなみに、「喪中の時はどうするのか、、」と悩む方もいると思いますが、日ごろの感謝の気持ちを伝えるものなので喪中であっても「お中元」を贈ることは問題ありません。

ただ、四十九日法要前に送ることは避けた方がいいです。
喪に服しているところに贈り物が届いても、あまりうれしく思わない方もいるかと思いますので。

「お中元」の時期はいつ?

ひまわり
「お中元」を贈る時期は地域によって異なります。

ざっくり分けると、
・東日本は7月上旬から7月15日まで
・西日本は7月中旬から8月15日まで
が一般的な時期のようです。

地域別に記載すると、
北海道
7月中旬~8月15日頃まで

東北・関東
7月初旬から7月15日頃

関西
7月15日~8月15日頃まで

九州
8月初旬~8月15日頃まで

このように、地域によって時期にばらつきがあるようです。

「中元」とはもともと、1年の真ん中、旧暦の「7月15日」のことを意味します。

東日本と西日本で大きく「お中元」の時期がずれているのは、元々東日本が新暦の「7月15日」を基準に「お中元」を贈るのに対し、西日本では旧暦の「7月15日」を基準に「お中元」を贈るためと言われております。

ちなみに、私の地元の静岡県東部の御殿場市は、7月23日からでして、7月に入ったらもう「お中元」を届けてもいいといった感じでした。

家によって異なる可能性はありますので、「お中元」を贈る際には家族や親戚に聞いていただくのがいいかと思います。

おすすめのお中元ギフト返礼品

お中元イメージ
お中元は夏の暑い時期に送るものなので、清涼感があったりするフルーツやゼリー、スタミナをつける食べ物などが人気です。

鹿児島県いちき串木野市

鹿児島県いちき串木野市では、お中元向けのハムや焼豚のセットを返礼品として取り揃えてあります。

【お中元期間限定】鹿児島紀行ギフト
鹿児島県いちき串木野市
いちき串木野市にある工場で製造したギフトです。バラエティに富んだ商品を詰め合わせていますので用途に合わせてお楽しみください。
寄附金額:10,000円

静岡県磐田市

マスクメロンを桐箱に入れて送ってもらえます。高級感があって贈られて人に喜んでもらえること間違いなしです。

マスクメロン2個(桐箱入り)
静岡県磐田市
温暖な気候・伝統の栽培方法で丹精込めて作られた品質の高いマスクメロンを桐箱入りでお届けします。
寄附金額:33,000円

岩手県奥州市

ゼリーなども、清涼感があってお中元では人気のジャンルです。
岩手県奥州市からは、最高級ブランドの江刺りんごを使ったゼリーをお届けします。

江刺りんごゼリー 12個入
岩手県奥州市
最高級ブランドの江刺りんご。毎年「美味しかった」とお褒めの言葉をいただいている自慢の一品です。
寄附金額:10,000円

さいごに

いかがでしたでしょうか。
お中元で、その地域にゆかりのある美味しい食材などを贈ると他のお中元と差をつくって、受け取った人に「お!」と思わせることができそうですよね!

ふるさと納税をして贈り物を贈る、とは考えたことがない人も多いと思います。
ですが、贈り物に対応した返礼品が増えてきていますので、大切な贈り物でふるさと納税の活用をご検討してみてはいかがでしょうか!

以上、かりんとうでした。